Manjaro Japanとは一体なんだったのか

Manjaro Japanは志賀慶一という人物が立ち上げた、Manjaro Linuxの日本語情報とサポートの場である。

Manjaro公式フォーラムのGoogleキャッシュのウェブ魚拓
https://archive.is/HxFFy
http://megalodon.jp/2016-0129-2057-08/https://archive.is:443/HxFFy

Manjaro Japanが設立され、削除されるまでの流れは以下の通り。

1. 2016年1月ごろに志賀慶一氏が、Tumblr、Twitter、Facebook、freeforums、にManjaro Japanのアカウントを作成し、その旨をManjaro公式フォーラムに投稿する。

2. 志賀慶一氏、TwitterでManjaroに関して言及しているアカウントを手当たり次第にフォローし、反感を買う。

3. Manjaro JPという、それ以前から活動していたプロジェクトのrago1975氏が、Manjaro Japanとは無関係である旨をブログに投稿(Manjaro Japanという名のサイトについて(私は関与していません。)

4. 志賀慶一氏、Manjaro Japan関連サイトと、Manjaro Japan設立前から公開していたManjaro をつかおうというページを削除し、逃亡。以降、Manjaroに関して言及せず。

志賀慶一氏の行動に関して、rago1975氏はブログのコメント欄で「自分中心の組織(のようなもの)を作りたいんじゃ無いのでしょうか。」と指摘、またUbuntu Japanese Teamのあわしろいくや氏は「人の話を聞かないで始めて、人の評判を聞いてやめる。これは逆だし、そんなだから誰からも支持されないんだよねぇ。」と批判している(Twitterより。ただし志賀慶一氏の事だとは言及せず)。

志賀慶一という人物について

志賀慶一とは、オープンソースソフトウェアの翻訳活動や解説サイトの作成を行っている人物である。ふうせん、Fu-sen、balloon、の3つのハンドルネームを使用している。氏については以前このブログでも記事にしたことがある。

過去記事→志賀慶一氏が、あわしろいくや氏に対して何やかんや

LinuxではWindowsと違って、メールに添付されたマルウェアをクリックさせて感染させるのは無理だと思っていたのだが、そうでもないらしい。
200 :login:Penguin:2017/01/05(木) 19:26:43.14 ID:iZInpNx5
 > ~/.local/share/applications/ においた jd.desktop は実行ビットを立てないといけない
 そのへんは各アプリケーションの実装次第

 アイコンや見かけ上の名前も自由に出来るせいでWindowsで言う二重拡張子と全く同じセキュリティの問題に直結するから本来規格でそのへんの扱いもきちんと定めるべきなのに一向にそうなる気配がないんだよなぁ
201 :login:Penguin:2017/01/05(木) 19:47:13.64 ID:gemnoZes
 そうか?
 二重拡張子よりはマシな気がするけど

202 :login:Penguin:2017/01/05(木) 20:40:56.10 ID:iZInpNx5
 例えばどんな所がマシ?
203 :login:Penguin:2017/01/05(木) 20:57:50.22 ID:gemnoZes
 二重拡張子で偽装されたWindows向けのマルウェアは単体で動作するじゃん
 だからメールに添付してクリックさせて感染させたりできる
 Linuxの.desktopファイルは単体では動作しないから、
 メールの添付ファイルとしてばら撒く方法は使えない
 その辺がマシかと思うんだが

204 :login:Penguin:2017/01/05(木) 21:13:17.63 ID:iZInpNx5
 あーなるほど
 展開の一手間は増えるけどアーカイブにしとけば良いだけだけだからマシって言えるほどの違いかは微妙だけど確かにそういう側面もあるか
205 :login:Penguin:2017/01/05(木) 22:37:15.47 ID:jbQxSzh2
 アーカイブにまとめた場合もdesktopファイルはexeファイルよりも手間がかかる。
 Windowsのexeの場合は、

 zip展開 → 偽装したexeを実行 → マルウェア感染\(^o^)/

 だけど、Linuxのdesktopファイルの場合はマルウェアのフルパスが必要だから、

 (攻撃者が想定した場所に)zip展開 → 偽装したdesktopファイルを実行 → マルウェア感染\(^o^)/

 となる。
 フルパスじゃなくてマルウェアのファイル名だけでも実行は可能だけど、
 その場合はマルウェアをパスが通った場所に置かないと駄目なので、

 (パスが通った場所に)zip展開 → 偽装したdesktopファイルを実行 → マルウェア感染\(^o^)/

 となる。

 感染させるにはメール本文を工夫して、zipを想定した場所に展開させる必要があるので、
 exeよりはまぁちょっとはマシかなって感じ。
206 :login:Penguin:2017/01/05(木) 23:38:20.07 ID:iZInpNx5
 >>205
 > フルパスが必要
 > パスが通った場所に置かないと駄目
 Exec行を具体的にどう解釈して実行するかはこれまた実装次第なんだけど必ずしも攻撃者がフルパスを知っている必要やパスが通っている必要はないよ
 規格で.desktopファイルの置いてあるパスを表す%kっていうフィールドコードが定義されてるから

 例えばPCManFMなんかは Exec=sh -c "%k/app" みたいにすれば%kが.desktopファイルの置いてあるパスに展開されるからそのまんま実行される
215 :login:Penguin:2017/01/06(金) 14:52:41.75 ID:adPksY7M
 >>206
 > 規格で.desktopファイルの置いてあるパスを表す%kっていうフィールドコードが定義されてるから
 お、それは知らなかった。
 試してみたけど、

 > みたいにすれば%kが.desktopファイルの置いてあるパスに展開されるからそのまんま実行される

 これはNautilusは未対応みたいだな。ちょっと安心。

http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/linux/1482659445/
より

試しにLeafpadの実行ファイルをデスクトップに移動させ、leafpad.desktopをデスクトップにコピーして編集して実行してみた所、たしかにPCManFMではLeafpadの起動に成功、Ubuntuのファイル(Nautilus)とThunarは未対応らしく起動できなかった。

何か面白いことを書いてる人がいた。

【Ubuntu Samba】にUSB HDDを壊された場合 - .RABBITの日記

Windows PC -----> Ubuntu Server (Samba) -----> USB HDD
という風にUSB外付けHDDにアクセスしようとしたらHDDが反応しなかったという話らしく、まぁそういう事もあるかもなぁと思いつつ記事を読み進めてみると、
しかし,このWindowsコマンドで命拾いしました。
chkdsk <Drive Letter>: /f
とか書いてあった。ってことはUSB HDDはNTFSでフォーマットしてあったということか?Sambaサーバーで使うならext4とかの方がいいんじゃないかなぁ。
「Ubuntuはデフラグ不要」だなんて嘘万八。
せやな、2005年ぐらいにはLinuxでも普通に断片化する事は知られてたし、2016年にもなってLinuxでデフラグ不要説をホザいている奴がいたら超大嘘付きか超情報弱者のどちらかだわ。

最後に気になったのは、
ちなみに,Ubuntuのデフラグコマンドは
sudo e4defrag /dev/<target>
だそうですよ。
これ。e4defragはext4用のデフラグツールなのでNTFSなパーティションに実行しても無意味って事は分かってるのかなぁ…

↑このページのトップヘ