何か面白いことを書いてる人がいた。

【Ubuntu Samba】にUSB HDDを壊された場合 - .RABBITの日記

Windows PC -----> Ubuntu Server (Samba) -----> USB HDD
という風にUSB外付けHDDにアクセスしようとしたらHDDが反応しなかったという話らしく、まぁそういう事もあるかもなぁと思いつつ記事を読み進めてみると、
しかし,このWindowsコマンドで命拾いしました。
chkdsk <Drive Letter>: /f
とか書いてあった。ってことはUSB HDDはNTFSでフォーマットしてあったということか?Sambaサーバーで使うならext4とかの方がいいんじゃないかなぁ。
「Ubuntuはデフラグ不要」だなんて嘘万八。
せやな、2005年ぐらいにはLinuxでも普通に断片化する事は知られてたし、2016年にもなってLinuxでデフラグ不要説をホザいている奴がいたら超大嘘付きか超情報弱者のどちらかだわ。

最後に気になったのは、
ちなみに,Ubuntuのデフラグコマンドは
sudo e4defrag /dev/<target>
だそうですよ。
これ。e4defragはext4用のデフラグツールなのでNTFSなパーティションに実行しても無意味って事は分かってるのかなぁ…

Ubuntu 16.04に対応したUbuntu Tweakは二つある。
  1. バージョン 0.8.7
  2. バージョン 0.8.8
前者はGetDeb、後者はSickly Lifeが配布しているdebファイル。後者の方が新しい。 新しい方の新機能は、
1. FirefoxとThunderbirdのキャッシュを削除する処理が追加されている
cache_path = '~/.cache/mozilla/firefox'
cache_path = '~/.cache/thunderbird'

2. デスクトップにゴミ箱/フォームフォルダー/ネットワーク、のアイコンを追加する処理が修正されている
if system.CODENAME != 'precise':
とのこと(2ch.netより)。
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/linux/1461932258/169

インストール方法は、
  1. まずUbuntu SoftwareでGDebiをインストール。
  2. GetDebかSickly LifeからUbuntu Tweakのdebファイルをダウンロード。
  3. ダウンロードしたdebファイルを右クリックしてGDebiを使ってインストールする。

見事な釣り記事

釣り師のブログ

↑このページのトップヘ